製品&サービス

製品

AcrossVTの利用形態について

AcrossVT(Developer, Evaluation, Education)の利用形態には2種類あります。ノードロック・タイプとフローティング・タイプです。

ノードロック・タイプ

開発マシーンを特定する必要があります。他の開発マシーンでは利用できません。

フローティング・タイプ

開発マシーンを特定する必要がなく、複数のマシーンにインストールすることができます。但し、同時に利用するマシーン数が契約時の本数を超えない限り、自由に利用することができます。